<   2015年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

庄本えつこ事務所ニュース№12ができました。

庄本えつこ事務所ニュース№12ができました。

●飛び入りで応援演説
  URルミエール千鳥団地  西村保自治会長
 「6号棟の西村保です。この前は花見に来てくれてありがとうございました。
 今度は庄本えつこさんを県議に当選させて、花を咲かせようではありませんか。
 県会は共産党以外オール与党。福祉削って、大企業呼び込みの県政変えるには共産党の庄本えつこさんを県会に送ることです。よろしくお願いします。」

●おばあさんが寒い中、最後まで演説を聞いてくれました(下田公園)
 「父が戦争で、ビルマに7年間行った。その間、母が百姓をして貧しい暮らしをした。お腹がすいても、ご飯も食べられず、鉛筆も買ってもらえなかった。、悲惨な戦争は絶対ダメ。孫を戦争に行かせたくない。
 沖鳴の人は、いまだに東隊や基地の中でくらしているので気の毒だ。共産党の人に戦争を止めきせてほしい。寒いなか大変でしょうが、がんぱってください」

●安倍さん、戦争しようとしいます、こわいですよねー
 まさき市議は、武庫西北地域、富松地域の支持者台帳が終わり、テレデーターで電話をかけています。
 電話がつながったところでは、2件に1件がいい反応です。
 「安倍さん、戦争しようとしています。怖いですよねー」と、話を向けると、「本当ですよね。私も戦争経験していて…」と、話が盛り上がります。
 「戦争を止めるのは、日本共産党をのばすことが大きな力になります。庄木えつこ候補をぜひお願いします」と訴えると、多くの人が「わかりました、がんぱってください」と、支持を約束してくれます。
 衆議院選のとき以上の反応で、おどろいています。

●「菅村さんと同じ、日新に勣めていた。2~3人に言うからね」
 「安倍さんはこわい、独裁はあかん。共産党もおらな。対決してるのはお宅だけやもんな、がんぱって」(高瀬公園)

●「もう市役所に行って入れてきたよ」と中年の男性

●自転車で通りすがった男性。 引き返してきて「庄本がんばれ」と大声で激励(北雁公園)

●うちの奥さんが「えっちゃん頼む」と電話かけまくってる」(南部ポンプ場近く)

b0253602_23515871.jpg

by etsuko-shomoto | 2015-04-08 23:52 | えつこの活動日誌  

個人演説会の日程です

 庄本えつこ個人演説会の日程です。
 
●4月8日(水)午後2時~3時 大庄公民館

●4月9日(木)午後7時~8時 トレピエ

b0253602_11000529.jpg

by etsuko-shomoto | 2015-04-07 11:00 | えつこの活動日誌  

朝夕の駅ターミナルでの宣伝計画です

 朝夕の駅ターミナルでの宣伝計画(予定)です。
 朝は8時からしかマイクが使えませんので、出勤のみなさんにごあいさつです。
 庄本えつこがお話します。

 それにしても、選挙期間中は、候補者の話が聞きたいでしょうに、8時からしかマイクが使えないなんて、おかしな法律ですね。
b0253602_10390458.jpg

by etsuko-shomoto | 2015-04-07 10:43 | えつこの活動日誌  

各地で声の全戸訪問―こんにちは庄本えつこ事務所です

 県議選も中盤。有権者の関心も高まってきています。
 後援会の皆さんからも、続々と報告が来ています。
 一端を紹介します。

●「従業員に必ず選挙に行ってくれ」といっている
 ある男性は、「総選挙でも庄本えつこさんに入れた。子や孫が戦争にとられてしまう。従業員に必ず選挙に行ってくれ」と言っている。14票広げる」と約束してくれました。(富松)
 
●「昨日、選挙はがきをもらった。わかりましたがんばって」と激励されました。
(七松)

●「昨日、西武庫公園の花見で会いましたよ、がんばって」と激励されました(武庫)

●戦争はこりごり
「うちには息子がいる。戦争になったら一緒に逃げたい。安倍さんは、ほんとうに戦争立法なんか企ててるんですか?」との問いに、「戦争に一貫して反対して、プレない日本共産党の前進が、戦争を防ぐ道です」と訴えると、「家族にも広げます」と約束。 
 対話した人の57%が、支持をしていただきました。
 なかには、「小3の時に終戦を迎えた。戦争はこりごり。やれることを協力したい。」という声もありました。(医療生協有志後援会)

★ほんとうに「戦争する国にはしたくない」「安倍内閣は怖い」という思いが広がっていますね。

★ところで、気が付いている人や、すでに知っている人もいると思いますが、尼崎の地名は、尼子騒兵衛さんのマンガ「忍たま 乱太郎」の登場人物の名前にもなっています。尼崎市役所でも宣伝しているんですよ。


by etsuko-shomoto | 2015-04-07 10:18 | えつこの活動日誌  

若夫婦が子育て政策に関心

 大庄武庫線(武庫之荘2丁目)で演説していると、車の中で若夫婦がニヤニヤしてこちらをみていました。
 若い人は選挙に関心がないのかな~と思っていました。
 ところが、「子どもの医療費を中学3年まで無料に」という話をすると、女性の方が真剣な顔になり、私・庄本えつこが「給料日前お金がないとき、子どもが病気になって、市販の薬ですまさなくてはならなかった、本当にせつなかった」と言うと、ウンウンとうなずき、終わる頃には央婦そろって手を振ってくれました。

 子育て支援政策=「子どもの医療費、中3まで完全無料化」「中学校給食の早期実現」「少人数学級の実現」は、若い夫婦には、切実な問趙なんだな~と、改めて思いました。


by etsuko-shomoto | 2015-04-07 09:58 | えつこの活動日誌  

日航不当解雇撤回裁判原告団の神瀬さんが激励に

 庄本えつこ選挙事務所に戻ると、日本航空不当解雇撤回裁判原告団の神瀬さんが、激励に来てくださっていました!

 ありがとうございます。

 庄本えつこ、元気いっぱいがんばります!

b0253602_00402681.jpg


by etsuko-shomoto | 2015-04-06 00:42 | えつこの活動日誌  

あなたの願い まっすぐ県政に届けます

あなたの願い まっすぐ県政に届けます

憲法9条を守ります。
消費税10%も社会保障改悪もストップ
沖縄新基地NO!
原発再稼働反対
ブラック企業・ブラックバイトの根絶を
中学校給食の実現
中学校3年生まで35人学級を
中学卒業まで医療費完全無料化
国民健康保険料引き下げ
介護の保険料・利用料軽減
県立新病院(総合医療センター)へのシャトルバス運行
住宅・店舗リフォーム助成制度を
政務活動費の不正根絶

b0253602_10155838.jpg

by etsuko-shomoto | 2015-04-05 10:20 | 私の約束  

庄本えつこ事務所ニュースができました



 庄本えつこ事務所ニュースができました。
 初盤の状況です。
 たしかに期待の大きさを感じています。
 がんばります。


b0253602_10503194.jpg

by etsuko-shomoto | 2015-04-05 10:04 | 庄本えつこニュース  

宇都宮健児 弁護士からも推薦をいただきました

 各界・各層のみなさんからご推薦をいただき、ありがとうございます。
 期待をひしひしと感じ、身が引き締まります。

 日本弁護士会の前会長の宇都宮健児弁護士からも推薦をいただきました。

 私は、阪神クレジット・サラ金被害者の会=通商「あすひらく会」の皆さんとも懇意にしておりますし、阪神尼崎駅前での「反貧困・なんでも相談会」の活動に、多くの弁護士さんや市会議員、労働組合、市民団体とともに取り組んできました。

 持ち込まれる相談は、どれも切実なものばかりで、大企業が栄えている日本で、どうしてこんなに貧困層が増えるのだろうかと、歯がゆい思いをしています。

 そして、尼崎のみなさんのたくましさに、いつも励まされています。

b0253602_12581532.jpg

by etsuko-shomoto | 2015-04-04 12:58 | えつこの活動日誌  

昨日の出発式での藤木洋子さんのご挨拶が好評です

b0253602_12283278.jpg 庄本えつこ県議候補 出発式での藤木洋子元衆議院議員の激励あいさつ


 おはようございます。お久しぶりでございます。
 庄本さんを勝たせないといけないからとおもって駆けつけてきました。

 なんとしても、今の政治、どなたと選挙の話をしていても、安倍さんの話になります。
 「こわいね、あの人。どうするかわかんないよね。だけどなんか人気があるね。」こういう話です。

 みなさん。今度は、だまされてはいけません。
 だって、集団的自衛権=アメリカの言いなりになって、どこへでも、いつでも、自衛隊を「軍」として出撃させる―という話でありませんか。
 若者を死なせに行くような、こんなむごい政治を、どんなことがあっても阻止しなくてはなりません。

 国会で、自民党の良識派と言われる人たち、決して、いないわけではありません。
 でも、その人たちが、日本共産党に期待をかけなければならない―これが、今の実態じゃないでしょうか。
 自分たちが、どんなに発言をしても、野党のような扱いを受けるところに、安倍さんは、仲間同士の内閣をつくってしまって、追いやっているから、その声が反映されない。それなら、それなら、地方から、その声を上げてほしい…。
 確かに、曲がりなりにも中央では、自民党の与党は公明党だけです。
 だけど、兵庫県議会ではどうでしょう。
 日本共産党以外のすべての党が、みんな与党なんです。
 だから、野党である日本共産党が、今伸びなければならない。
 しかも、93年間、反戦平和のために命がけでがんばってきたこの党だからこそ、市民のみなさんの命を守り、若者たちを戦場に出さない―その思いを、しっかりと県政を通じて、国に届けていく役割が、あるのではないでしょうか

 庄本えつこさんは、私の地元秘書として、私の当選に、大きな役割を果たした―そういう方です。
 どうしても、庄本さんに勝っていただかなければならない。
 そして、この尼崎で、二つの議席を、必ず回復させるため、私も力一杯奮闘することをお誓いして、みなさんへのお訴えとさせていただきます。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

by etsuko-shomoto | 2015-04-04 12:29 | えつこの活動日誌