若夫婦が子育て政策に関心

 大庄武庫線(武庫之荘2丁目)で演説していると、車の中で若夫婦がニヤニヤしてこちらをみていました。
 若い人は選挙に関心がないのかな~と思っていました。
 ところが、「子どもの医療費を中学3年まで無料に」という話をすると、女性の方が真剣な顔になり、私・庄本えつこが「給料日前お金がないとき、子どもが病気になって、市販の薬ですまさなくてはならなかった、本当にせつなかった」と言うと、ウンウンとうなずき、終わる頃には央婦そろって手を振ってくれました。

 子育て支援政策=「子どもの医療費、中3まで完全無料化」「中学校給食の早期実現」「少人数学級の実現」は、若い夫婦には、切実な問趙なんだな~と、改めて思いました。


by etsuko-shomoto | 2015-04-07 09:58 | えつこの活動日誌  

<< 各地で声の全戸訪問―こんにちは... 日航不当解雇撤回裁判原告団の神... >>